コンテンツにスキップ

CeraVe は入れ墨に適していますか?

あなたがタトゥー愛好家であろうと、優れた美容製品を高く評価している人であろうと、CeraVeはおそらくあなたがよく知っているブランドです.

新しいインクをみずみずしく健康的に保ちたい場合は、通常よりも色あせたり剥がれたりしない製品を使用することが重要です。

CeraVe は入れ墨に適していますか? さて、続きを読んで調べてください…

CeraVe は入れ墨に適していますか?

新しいタトゥーのお手入れ方法

初めてのタトゥーであろうと、XNUMX回目のタトゥーであろうと、タトゥーが治るまではケアをすることが重要です。 最良の結果を得るのに役立ついくつかの重要なヒントを次に示します。

1. タトゥーをきれいに保ちます。 穏やかな抗菌石鹸 (または前述の CeraVe Hydrating Body Wash) と水で 2 日 3 ~ XNUMX 回、タトゥーをやさしく洗います。 きれいなタオルで軽くたたいて乾かします。 刺激の強い化学薬品を使用したり、こすったり、新しいタトゥーを浸したり浸したりしないでください。

2. 軟膏を塗ります。 洗うたびに、無香料のローションまたは軟膏を薄く塗ります( CeraVeモイスチャライジングクリーム または CeraVe Healing Ointment) を使用して、タトゥーの保湿を維持します。 軟膏を通してタトゥーが見えるはずなので、やりすぎてローションを塗りすぎないでください.

3. 日光や水にさらさないでください。 タトゥーを直射日光の当たらない場所に置き、長時間水に浸からないようにしてください (シャワーは問題ありませんが、お風呂に長時間浸からないようにしてください)。

4.ヒーリングタトゥーを摘んだり、引っ掻いたりしないでください。 タトゥーが治るにつれてかゆくなるのは普通のことですが、できれば、引っ掻いたり引っ掻いたりしたいという衝動に抵抗するようにしてください. これにより、タトゥーが損傷し、治癒した後も斑状のタトゥーが残るだけでなく、感染の危険性もあります. かゆみがひどくなった場合は、患部を冷湿布するか、ヒドロコルチゾン クリームを薄く塗ってみてください。

5. 我慢してください。 タトゥーは完全に治るまでに数週間かかるため、治療中は辛抱強く待つことが重要です。 これらのお手入れ方法に従ってください。すぐに、美しく長持ちするタトゥーを何年も楽しむことができます。

CeraVe ハイドレーティング ボディ ウォッ​​シュは、タトゥーのアフターケアに最適です。

CeraVe Hydrating Body Washは、新しいタトゥーで肌をクレンジングするのに最適です. セラミドやヒアルロン酸を豊富に含み、肌にやさしく刺激の少ない無香料の処方が特徴です。

これらはすべて、タトゥーのプロセス中に発生した可能性のある刺激を和らげながら、肌の水分を保つのに役立ちます.

穏やかなクレンジング作用により、新しいタトゥーの水分を保つことが重要であるため、肌の自然な水分を剥がしたり、余分な油を取り除いたりすることはありません.

CeraVe Healing Ointment は、より重度の乾燥肌やひび割れ肌に適しています

タトゥーが治癒しているときは、常に保湿して保護することが重要です (タトゥー アーティストの推奨に従って)。 同じことが、要素にさらされたタトゥーにも当てはまります。

これらの両方の場合において、 CeraVe ヒーリング軟膏 ワセリンのおかげで、新しいタトゥーの保護バリアを形成するのに役立ちます.

こうすることで、肌が快適になり、かゆくなりにくくなります。 タトゥーを入れたとき、私を狂わせたのはかゆみだったので、濃厚で栄養のある軟膏がその感覚を打ち消すのに役立ちます.

CeraVe Healing Ointment は、タトゥーに損傷を与える可能性のある他のもの (要素など) から保護する追加の層を提供するため、タトゥーに美しく機能します。

また、セラミド(肌の自然なバリアを回復させるのに役立ちます)とヒアルロン酸(水分を補給するのに役立ちます)が含まれているため、乾燥したひび割れた肌のより深刻なケースにも適しています.

CeraVe モイスチャライジング クリームは、アフターケアと毎日の保湿剤として使用できます。

CeraVe Moisturizing Cream (または CeraVe Moisturizing Lotion) は、CeraVe スキンケア製品の中で最も人気のある製品の XNUMX つです。

このクリームは、タトゥーのアフターケアとして効果的に使用できるだけでなく、タトゥーが完全に治った後の日常の保湿剤としても優れています。

これは、肌の自然な保護バリアの回復と維持を助けるフォーミュラのセラミドによるものです。

さらに、このセラミドが豊富な保湿クリームは、水分を閉じ込めるのに役立ち、長時間の水分補給を提供します.

その結果、肌は健康で潤いを保ち、最高の状態に保たれます。 新しいタトゥーで肌に潤いを与えて癒すため、または毎日の保湿剤として使用するのに最適です。

CeraVe モイスチャライジング クリームは、アフターケアと毎日の保湿剤として使用できます。

では、CeraVe はタトゥーに適していますか?

CeraVeローションは入れ墨に適していますか? CeraVe 製品は、乾燥して炎症を起こした肌をやさしく効果的に緩和します。

CeraVeは、セラミドやその他の必須成分を含むスキンケアラインで、肌の自然な水分バリアを回復するのに役立ちます.

CeraVe には 特許取得済みの MVE テクノロジー、その脂質バリアを再構築するのを助けることによって皮膚の保護層を回復することで有名です.

この技術のユニークな特性は、肌の水分保持能力を修復し、しわや小じわなどの老化の兆候を軽減するのに役立ちます.

だから、 CeraVe製品 すべてノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせる心配がありません)、無香料、低刺激性であるため、治癒後にタトゥーや周囲の組織などの敏感な部分を刺激しません.

また、ペースメーカーやコンタクトレンズなどの医療機器を着用している人にも安全です。これらの製品には、機能を妨げたり、近くの敏感な部分に刺激を与えたりする可能性のあるパラベンや香料が含まれていないためです.

CeraVe はタトゥーのかさぶたの形成を防ぎますか?

いいえ、CeraVe モイスチャライジング ローションを使用しても、タトゥーにローションを塗布する際に、新しいタトゥーのかさぶたの形成を防ぐことはできません。

タトゥーのかさぶたは治癒過程の正常な部分であり、CeraVe 製品は肌を健康に保つのに役立つ優れた保湿剤ですが、かさぶたの発生を止めることはできません。

実際、ローションを使用して過度に保湿すると、新しいタトゥーの直後に適用すると、タトゥーが感染したり、過度のインク損失の危険にさらされたりする可能性があります.

CeraVe または Cetaphil は、新しいタトゥーを癒すのに適していますか?

新しいタトゥーの修復には、CeraVe と Cetaphil モイスチャライザーの両方が効果的です。 ただし、粘稠度が高いため、新しいタトゥー周囲の敏感肌を治療するには CeraVe の方が良い選択肢であると考える人もいます。

CeraVe製品は、水分バリア機能の回復に役立つ保湿セラミドとその他の成分を配合しています。

それらにはナイアシンアミドが含まれており、赤みや刺激を軽減しながら肌を落ち着かせるのに役立ちます. 

セタフィルは非常に軽いテクスチャーを持っているため、タトゥーのある肌を深く保湿するのにはそれほど効果的ではありません。ただし、毎日タトゥーにローションを塗る場合、刺激が少なく毛穴が詰まらないため、控えめに使用すれば治癒の初期段階では依然として有益です。

新しいタトゥーにCeraVe日焼け止めを使用できますか?

CeraVe 日焼け止めは、有害な紫外線から肌を保護するのに最適ですが、新鮮なタトゥーに直接塗ることはお勧めしません。

このタイプの日焼け止めは、タトゥーが治癒してから少なくともXNUMX週間は使用して、治癒過程を妨げたり、アレルギー反応を引き起こしたりしないようにする必要があります.

入れ墨やその他の敏感な皮膚領域での使用のために特別に設計されたSPF定格の製品を探すのが最善です.

新しいタトゥーのお手入れ方法

新しいタトゥーに最適なCeraVeスキンケア製品は何ですか?

CeraVe ヒーリング軟膏は、必須のセラミドと脂質のブレンドを配合しており、乾燥してひび割れた肌を落ち着かせ、長時間持続する水分補給を促進します。

軽量でべたつかないフォーミュラは、肌の自然なバリアを保護し、XNUMX 日を通して水分の損失を減らします。 特にタトゥーを入れたばかりの方や、敏感肌タイプで刺激を受けやすい方におすすめです。

CeraVe モイスチャライジング ローションは、24 つの必須セラミドとヒアルロン酸を組み合わせて、XNUMX 時間保湿しながら肌の自然なバリアを維持します。

洗剤や環境ストレッサーなどの過酷な要素や刺激物に毎日さらされることによって損なわれる可能性のある保護バリアを回復および補充するのに役立ちます.

このローションは、オイルの生成と新しいタトゥー インクの水分レベルとの間の健康的なバランスを維持するのに最適であり、治癒特性と鎮静特性のおかげで栄養を与え、将来の損傷から保護します.

CeraVe モイスチャライジング クリームは、セラミド、ヒアルロン酸、ナイアシンアミド、ジメチコンなどの保湿成分の独自の組み合わせにより、他のモイスチャライザーよりも肌の層により深く浸透します。

これらの成分が連携して保護バリアを強化し、水分を閉じ込めて一日中潤いを保ちます。 この重めのテクスチャーの製品は、入れ墨を含む体の非常に乾燥した、または問題が発生しやすい部分に最適です。

ベタベタすることなく素早く体に溶け込み、日差しや風の強い日などの環境要因による乾燥から肌を守る必要があるタトゥー後のケアに最適です。

まとめ

タトゥーに CeraVe ローションを使用できますか? 入れたばかりのタトゥーに最適なアフターケア製品をお探しの場合は、タトゥーのアフターケアに CeraVe を強くお勧めします。

ブランドは、タトゥーを維持し、治癒プロセスを通じてシャープに見えるようにするのに役立つ高品質の製品の信頼できるソースとしての地位を証明しているため、タトゥーにCeraVeを使用できるかどうかの答えはイエスです.

また、CeraVe はその製品に有害な化学物質 (アルコールなど) を一切使用していないため、製品が真新しい超敏感なタトゥーに接触したとしても、タトゥーに CeraVe を使用しても安全です。

さらに、それらは比較的手頃な価格で、ほとんどのスキンケア小売店から入手できます.



*この投稿にはアフィリエイトリンクが含まれています