コンテンツにスキップ

自宅で持ち上がったジェルネイルを直す方法

美しいジェルネイルを施した数日後に、ネイルが剥がれてしまったというイライラを経験したことはありませんか? 誰もが経験したことがあるはずです! しかし、ネイルサロンに急いで戻らなくても、剥がれてしまったジェルネイルを自宅で修復できることをご存知でしたか?

恐れる必要はありません。私たちはあなたにぴったりのソリューションを用意しています。 この記事では、持ち上がったジェルネイルを自宅で快適に修正するためのシンプルで効果的な方法をご紹介します.

簡単な手順に従うことで、時間とお金を節約できるだけでなく、爪を長く美しく保つことができます。 そして最高の部分は? プロのネイルテクニシャンである必要はありません。

自宅で持ち上がったジェルネイルを直す方法

ジェルネイルが持ち上がる最も一般的な原因は何ですか?

ジェルネイルが持ち上がる最も一般的な原因は、不適切な塗布または除去、キューティクルの損傷、および爪の真菌です.

不適切な塗布は、技術者がジェル製品を塗布する前に天然の爪を適切に洗浄しない場合に発生し、その結果、爪に油が存在し、接着の問題を引き起こす可能性があります.

不適切な除去もリフトの主な原因です。不適切なヤスリやバフがけが行われると、ポリッシュのトップコートがすぐに除去され、適切な硬化に十分な時間が与えられなくなります。

キューティクルの損傷は、時期尚早のリフティングにつながる可能性があるもう XNUMX つの問題です。 これは、技術者が準備中に爪の周りを過度にトリミングしたり、キューティクルを強く押し戻したりすると、下にある組織の層が剥がれるため、よく発生します。

真菌感染症は、激しいかゆみやひっかき傷による浮き上がりにつながる可能性があり、人工製品のベースにある結合接着剤を弱めます.

そのため、サロンの技術者は、ジェル製品のリフティングに関連する潜在的なリスク要因を減らすために、天然の爪を準備する際に手袋を着用し、消毒されたツールを使用するなどの対策を講じることが重要です.

持ち上がったジェルネイルを見分ける方法は?

ジェルネイルをしていて、時期尚早に持ち上がり始めていることが心配な場合は、注意すべき兆候がいくつかあります.

爪の一部が本来の爪甲から剥がれ始めていることに気付いた場合、または爪の端が浮き上がっているか不均一に見える場合、これらはジェルが損なわれていることを示している可能性があります。

また、フリー エッジの周りに乾燥した製品の層が見えたり、研磨剤の表面の外観がくすんでいることさえあります。 場合によっては、キューティクルの周りにも奇妙なテクスチャが現れることがあります.

時期尚早のリフティングを防ぐには、ジェルの予約の合間に爪を適切に維持することが重要です。

ゲルを浸した後、アセトンを含まないリムーバーで徹底的にクレンジングを行い、続いて超微細ヤスリで余分な製品をファイリングします。

これにより、表面にバフ効果が生まれ、その後の予定で再塗布したときに接着剤に新しい接着力が与えられます.

ローションを継続的に塗布することで、肌を柔らかく柔軟に保つことができます。また、水に長時間さらされないようにすることで、水分の損失を防ぎ、リフトが最初に発生する可能性のあるエッジの周りの接着力を弱めることができます.

サービスを実施する際は、技術者が適切な衛生手順に従っていることを確認してください。これには、各予約の前に使用されるすべてのツールの消毒が含まれます。

そのため、バクテリアがポリッシュ層の下に閉じ込められず、爪に隣接する皮膚のひだの周りの剥離、かゆみ、ひび割れなどの他の望ましくない反応とともに、感染や最終的な持ち上げを引き起こす可能性があります.

ジェルネイルが持ち上がるまでの時間は?

ジェルネイルが持ち上がるまでの時間は?

ジェルネイルは、マニキュアに長寿命と豪華さを加えるのに最適な方法です. 一般的に、正しいアフターケアを正しく行った場合、ジェルネイルはやり直しが必要になるまでXNUMX〜XNUMX週間続くはずです.

しかし、ネイルをしてからXNUMX週間ほどでジェルネイルが浮き上がることも珍しくありません。 これは通常、間違ったアプリケーションまたはメンテナンスが原因であるため、そのような問題を防ぐために爪を健康に保ちたいと思うでしょう.

ジェルネイルが浮き上がるのを防ぐには、各層が爪全体に均等に行き渡るようにし、特定の領域に塗りすぎないように注意してください。

塗布後は、ジェルポリッシュと自爪の間の接着力が破壊される可能性があるため、石鹸や洗剤などの洗浄用化学薬品の使用は避けてください。

爪をつまんだり、ジェルを不適切に剥がしたりしないでください。 これにより、爪が著しく弱くなり、すぐに持ち上がります。爪をできるだけ長持ちさせたい.

ジェルを塗った後に手を洗うときは、従来の石鹸製品の代わりに保湿性のある手洗いを使用するようにしてください。

シャワーや入浴の際は、熱湯ではなくぬるま湯を選んでください。熱湯にさらされると、天然の爪甲と製品自体の間の固着が緩み、爪の一部が早期に持ち上がる可能性があるためです。

ジェルネイルが早期に持ち上がるのを防ぐ方法は?

ジェルマニキュアは、長持ちする美しい爪を手に入れるのに最適な方法です。 ただし、時期尚早に持ち上げることがあります。

そうならないためには、ジェルネイルを塗る前に爪の手入れをしっかりと行うことが大切です。

自爪の保護層を剥がしすぎないようにしながら、爪床の隆起や隆起を研磨することから始めます。

石鹸と水で爪をきれいにした後、よく乾かして、ベースコートの接着を妨げる可能性のある余分な油を取り除きます. ベースコートを塗る前に、アルコールを含ませた綿棒で 爪を脱水する ベッド。

各製品を薄く塗ることで、追加のコートや色を追加するときに適切な密着性を確保するのに役立ちます.

時間が来たら 新しいジェルネイルをUVライトで硬化させます、電球から適切な距離に配置していることを確認し、必要以上に放置しないでください。過度に露出すると、効果的に適切に硬化する前に損傷する可能性があります。

また、ジェルポリッシュの各層が正しく乾燥した後、別の層に進む前に行うことも不可欠です.

最後に、新しい外観の装飾を楽しんでいる間は、あまりにも多くの製品を追加すると、爪床の上に体重のストレスがかかり、早すぎる持ち上げにつながる可能性があるため、過度にしないことが重要であることを忘れないでください.

ジェル マニキュアをきれいな状態に保つには、剥がすのではなく、浮き上がった部分を水に浸してください。このタイプの除去は、爪の周囲と下の両方の皮膚の完全性を損なう可能性があり、さらに早期の浮き上がりにつながる可能性があります。

チッピングを防ぐためにジェルポリッシュの自由端をキャップする方法は?

チッピングを防ぎ、ジェルポリッシュの外観をより長く維持したい場合は、硬化する前にポリッシュの自由端にキャップをすることが重要です. これにより、ポリッシュに強力なシールが提供され、欠けることなく最大XNUMX週間持続するのに役立ちます.

ジェルポリッシュの自由端を覆うには、まずイソプロピルアルコールで爪を拭き、ほこりや油分を取り除きます.

次に、ブラシに少量のポリッシュを取り、自由端全体を覆うように爪の先端にそっと置きます。

はみ出ている余分なポリッシュを払い落とすことを忘れないでください。 終わったら、UV / LEDランプで爪を硬化させれば、準備完了です.

ジェルポリッシュの自由端をキャップするのは気が遠くなるように聞こえるかもしれませんが、コツをつかめば、簡単かつ迅速に爪を完璧で活気のあるものにできます.

言うまでもなく、厄介な欠けやひび割れを心配することなく、マニキュアをより長く楽しむことができます.

フリーエッジをキャッピングすることは、ジェルポリッシュを何週間も新品同様に保つための鍵であることを覚えておいてください.

自宅で持ち上がったジェルネイルを直すには?

自宅で持ち上がったジェルネイルを直すには?

手と爪を健康に保つことは、ジェル マニキュアを長持ちさせるための第一歩です。

通常のマニキュアはマニキュアに役立ちますが、最適な結果を得るには、ジェルネイルのメンテナンスを続ける必要があります。

それらのいくつかが浮き上がったり剥がれたりしていることに気付いた場合は、サロンに行かなくても自宅で修正できる方法がいくつかあります.

まず、必要に応じて、アセトンを含まない除光液または純粋なアセトンでゆるいジェルを取り除きます。 次に、爪の表面に残っている製品をバフで取り除き、持ち上げたエッジの周りにキューティクル オイルを塗布して、その領域へのさらなるストレスを軽減します。

効果をより長く持続させるには、各指にサイズ 1 ~ 2 の緩衝石を使用します (肌に直接触れないようにしてください)。

また、すでに持ち上がり始めている可能性のある爪の部分をつまむことは避けてください。

余分な製品をすべて取り除き、磨いたら、保護を強化し、寿命を延ばすために、各爪に新しいジェルの別の層を塗ります.

すべての指を LED ライトの下に置き、適切な硬化時間にします。次に、手洗いなどの通常の活動による脱水に対する保護シーラントとして、もう一度キューティクル オイルを塗布して仕上げます。

剥がれたり浮き上がったりしたジェルネイルを直し、長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが重要であることを覚えておくことが重要です。

ホームトリートメントを行うときだけでなく、自分のマニキュアルーチンをどれだけうまく処理できるかに応じて、2〜4週間ごとにプロのタッチアップに投資するようにしてください.

ハンドクリームが多すぎると、ジェルネイルが浮き上がることがありますか?

ハンドクリームが多すぎると、ジェルネイルポリッシュが浮き上がってしまう可能性があります。私たちが手や爪にローションやクリームを塗ると、爪の表面が油っぽい残留物で覆われてしまいます。

このオイルはジェルポリッシュの接着を妨げ、時間の経過とともに爪がもろくなり弱くなる可能性があります.

マニキュアを塗るときは、手を乾いた状態に保つことが重要です。手を洗ったりシャワーを浴びたりした後は、塗ったばかりの爪にハンドクリームが触れないように、数分待ってからハンドクリームを塗ってください。

それらにクリームがついた場合は、マニキュアルーチンを開始する前に、糸くずの出ない布を使用して残留物を拭き取り、完全に自然乾燥させてください.

爪はケラチンと呼ばれるタンパク質の層で構成されているため、爪が強く耐久性を維持するには、爪を健康に保つことが不可欠です.

ハンドクリームが多すぎると、ジェルポリッシュが剥がれたり、一度に長期間チェックしないと爪床が損傷する可能性があります.

これを避けるには、手や指を保湿するときに使用する製品の量に注意してください.マニキュアを維持する前に、すべての領域を清潔に保つことも常に有益です.

ジェルネイルがはがれたかどうかはどうすればわかりますか?

でこぼこした爪や以前にはなかった爪の層があることに気付いた場合は、ジェル ネイルが持ち上がっている可能性があります。これは、ジェル マニキュアの寿命に影響を与えるためです。

爪を道具として使うべきではありません。 そうすることで、それらにかかる圧力の量が増加し、リフティングの自然なプロセスが加速されます.

それらが本当に持ち上がったかどうかをテストするには、端の XNUMX つをクリッパーで切り取って、穴の形をした領域がまだ無傷であるかどうかを確認します。

そうでない場合、これは爪の下にエア ポケットがあり、ジェルがそこから分離し始めたことを意味します。

これらの兆候の程度に応じて、自然に消えるのを待つか、専門のサロンに行って経験豊富な技術者に世話をしてもらうことを検討してください.

持ち上がったジェルネイルを自宅で修理するにはどのくらいの時間がかかりますか?

持ち上がったジェルネイルの修復には時間がかかる場合がありますが、自宅で簡単にできる作業です。 適切な治療と予防措置を講じることで、爪を正しく仕上げることができます。

まず、ジェルポリッシュの新しい層を適用する前に、既存の残留物や汚れのないきれいな爪を目指す必要があります.

キューティクルや爪床の端に余分な製品が蓄積している場合は、ゲルが硬化し始めたときに適切に接着するように、慎重に取り除きます.

ネイルディハイドレーターは、ジェルポリッシュの浮き上がりを治療および防止するためにも推奨されます。 研磨剤の両方の層の間に強い結合が作成されるため、それらはより長く所定の位置に留まります.

最後に、望ましい外観を作成している間は、手をできるだけ乾燥させておいてください。これにより、色の各層が時間の経過とともに元の状態に保たれます。

持ち上がったジェルネイルを直した後もマニキュアを塗っても大丈夫ですか?

持ち上がったジェルネイルは一般的な問題ですが、適切なケアと細部への注意を払えば、自宅で簡単に修正できます.

まず、爪の健康に注意してください。 これにより、ジェルが長持ちする可能性が高くなります。

製品の各層が爪床のすべての表面に均等に塗布されていることを確認して、時期尚早に持ち上げないようにします.

最適な結果を得るには、硬化する前につや出し剤の自由端を常にキャップし、UV/LED ランプを使用してください。

ジェルを着用している間は、水への露出、刺激の強いクリーナー、または化学薬品を避けてください。

最後に、専門家による毎月のタッチアップに投資して、色の明るさを維持し、次の予定まで爪を健康に保ちます。



*この投稿にはアフィリエイトリンクが含まれています